アングルシー島

アングルシー島

(地理)
あんぐるしーとう

(Isle of Anglesey)
英国ウェールズ北西部の島。本土の町バンゴールメナイ橋ブリタニア橋によって結ばれる。西方には属島ホリー島がある。主な町はビューマリス。古代ローマ人の侵入以前、古代ケルト人によりドルイド教が信仰されていた島として知られる。新石器時代や古代ローマ時代の遺跡も多い。13世紀にイングランドの支配下になり、18世紀に石炭採掘で栄えた。

新着ブログ: アングルシー島