アンチフットボール

アンチフットボール

(スポーツ)
あんちふっとぼーる

サッカー本来の魅力に乏しい、反しているサッカーといった意味。
2010年サッカー・ワールドカップに際し、グループリーグでカメルーンに1-0で勝利した日本代表の試合を。サッカージャーナリスト・金子達仁がこの用語を使って批判し、話題となった。

ネットの話題: アンチフットボール

人気

新着