アントワープオリンピック

アントワープオリンピック

(スポーツ)
あんとわーぷおりんぴっく

[英] Games of the VII Olympiad
アントワープオリンピックは、第7回オリンピック競技大会アントワープ大会のこと。
1920年4月20日から9月12日まで、ベルギーのアントワープで行われた夏季オリンピック。
第一次世界大戦の敗戦国であるドイツ、オーストリア、ハンガリー、ブルガリア、トルコは大会に参加することができなかった。
今大会から初めて選手宣誓が行われ、オリンピック旗が初めて掲げられた。
また、男子テニスの熊谷一弥と柏尾誠一郎が、日本人選手として初めてメダルを獲得した。

参加国・地域数
29
参加人数
2,607人
競技種目数
23競技152種目

開催地の変遷

ベルリンオリンピックアントワープオリンピックパリオリンピック