Hatena Blog Tags

アンドリー・シェフチェンコ

(スポーツ)
あんどりーしぇふちぇんこ

Андрі́й Микола́йович Шевче́нко(Andriy Shevchenko)
ウクライナ代表歴のある元サッカー選手。プロゴルファー。

プロフィール

フルネーム : Андрі́й Микола́йович Шевче́нко (ラテン文字転記:Andriy Mykolaiovych Shevchenko)
生年月日 : 1976年9月29日
出身地 : ウクライナ・キエフ州・ドヴィルキウシュチナ
身長・体重 : 183cm・72kg
ポジション : センターフォワード
ニックネーム : Sheva (シェバ、シェヴァ)

所属クラブ

1994〜99 : FCディナモ・キエフ
1999〜06 : ACミラン (イタリア)
2006〜09 : チェルシーFC (イングランド)

2009〜12 : FCディナモ・キエフ  ※2009年8月29日に移籍

個人タイトル

セリエA得点王 2回 : 1999-00 (24得点), 2003-04 (24得点)
欧州年間最優秀選手 (バロンドール) : 2004年

プレースタイル、経歴など

スピード・キープ力・シュート力・得点感覚・突破力・フィジカル・スキルなど全てを持ち、ストライカーとしての能力をすべて兼ね備え、FWとしての総合能力では世界最高クラスにある。

15歳の時、ウクライナの名門FCディナモ・キエフのジュニア組織に加入し、1994年にファーストチームデビュー。シェフチェンコがFCディナモ・キエフに所属した最初の5シーズンは、いずれもリーグ優勝を果たしている。また1998-99シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで得点王に輝き、一躍ヨーロッパ中の注目を浴びた。このUEFAチャンピオンズリーグの活躍を機に1999-00シーズンにACミランへ移籍。ACミランに移籍後もセリエA得点王2回・2004年バロンドール受賞。2002-03シーズンには、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に輝きACミランになくてはならない存在になった。
2006年5月、シェフチェンコは家庭の事情という理由で7年間在籍したACミランを離れ、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCと契約。チェルシーFCに在籍した2シーズンは、プレミアリーグやイングランドの生活に慣れることができなかったのか、体調が整うことがなかなかなく、2シーズンで47試合出場・9得点に終わり、2008年8月に古巣のACミランに1シーズンのレンタルで移籍するが出場機会は少なかった。2008-09シーズン終了後、ACミランへのレンタルが終了しチェルシーFCへ戻った2009-10シーズン、8月にプレミアリーグに1試合出場したが、チェルシーFCUEFAチャンピオンズリーグの登録選手から外れることを知り、2009年8月29日に故郷ウクライナのFCディナモ・キエフへ移籍。2011-12シーズンを最後に現役を引退した (クラブ公式戦648試合出場・321得点)。


ウクライナU-18・U-21代表歴あり。ウクライナ代表デビューは1995年3月25日クロアチア戦。
1998年FIFAワールドカップ、2000年UEFAヨーロッパ選手権、2002年FIFAワールドカップ、2004年UEFAヨーロッパ選手権らの予選敗退で、代表での国際舞台には縁がなかったが、2006年FIFAワールドカップドイツ大会では見事欧州予選を突破し、代表初の国際舞台にあがった。そして本大会ではウクライナはベスト8に進出し、シェフチェンコ本人も2得点を記録した。
2008年UEFAヨーロッパ選手権と2010年のFIFAワールドカップも予選で敗退。地元開催となった2012年UEFAヨーロッパ選手権ポーランド・ウクライナ共催大会開催直前、大会終了後に現役引退するを発表。グループステージ第1戦のスウェーデン戦で2得点を決め勝利に貢献するもウクライナはグループステージで敗退し、シェフチェンコは2012年6月19日の第3戦イングランド戦が現役最後の試合となった (A代表公式戦111試合出場・48得点)。

2013年9月、ヨーロッパのプロゴルフツアー2部であるチャレンジツアー「ハルキウ・スーペリア・カップ」に参戦。プロゴルファーとしてデビュー。


関連ワード: アンドレイ・シェフチェンコ


リスト::サッカー選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ