Hatena Blog Tags

アンナ・カレーニナ

(映画)
あんなかれーにな

Anna Karenina

  • 2012年|イギリス|カラー|129分|画面比:2.35:1|映倫:G|MPAA: R*1

概要

1870年代の帝政ロシア。外交官の夫と幼い息子がいる美貌のアンナ・カレーニナは、若い貴族の将校ヴロンスキーと出会い、惹かれあう。一方、素朴な地主リョーヴィンは、アンナの兄嫁の妹キティに恋をし、求婚するが、ヴロンスキーとの結婚を期待する彼女に断られてしまう。
文豪レフ・トルストイの名作文学を華麗に映画化。

予告編

アカデミー賞

受賞

  • 衣装デザイン賞

候補

  • 撮影賞、プロダクション・デザイン賞、オリジナル作曲賞

原作

アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)

*1:Rated R for some sexuality and violence.

アンナ・カレーニナ

(読書)
あんなかれーにな

Anna Karenina
レフ・トルストイ小説

アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

0530 起床 気分快 晴 『アンナ・カレーニナ』、とても良かったですよ。トルストイの「古典」を、「現代」にいかに蘇らせるか、という大事業にイギリスの演出家フィリップ・ブリーンが新たな解釈で戯曲化し演出する舞台。

血圧値 117/81/88 酸素飽和度98 % 体温 36.4℃ 体重 69.0キロ 日にちが変わってしまったので、前日の項目をリライトするのでなく、新規に書きましょう。 コクーンは中島みゆきの『夜会』で数回来たことがありましたが、トルストイは、今回が初めて。 ちょっと小さな箱ですが、雰囲気はヨーロッパの歌劇場みたいで、良い感じですね。 宮沢りえさん、小日向さん、善さん、さすがの好演。拍手。 平日のマチネにもかかわらず、席は満席。盛況。 大きく動き始める19世紀末の激動の「時代」に、せめぎ合う「人間」の物語。 トルストイの「古典」を、「現代」にいかに蘇らせるか、という大事業にイギリスの演出家フ…