アンリ・カルタン

アンリ・カルタン

(サイエンス)
あんりかるたん

数学者
Henri Cartan (1904年―)フランス、ナンシーの生まれ。数学者エリー・カルタンの長男。ブルバキ草創期のメンバー。エコール・ノルマル・シュプリオールを1926年に卒業。リール、ストラスブール、パリ、オルセイなどの大学で働く。

多変数解析関数論、保型関数論、ポテンシャル論,代数トポロジー、ホモロジー代数、層の理論、リー群論、代数幾何学数理論理学。また彼は日本を代表する数学者の一人、岡潔の難解な理論を紹介したので有名。

著作

  • Theorie elementaire des fonctions analytiques d'une ou plusieur variables complexes(1963)(『複素関数論』(高橋禮司訳)岩波書店(1965))

* リスト::学者::自然科学
* リスト::数学関連

新着ブログ: アンリ・カルタン