イエナプラン教育

イエナプラン教育

(社会)
いえなぷらんきょういく

現在、オランダで最もさかんに用いられている教育方法。
ドイツ・イエナ大学の教育学教授だったペーター・ペーターゼンが 1924年に同大学の実験校で創始した事から、この名で知られる。
マルチエイジグループを基本とした学級編成で、通常、3つの年齢のグループ(4〜6歳グループ、6〜9歳グループ、9〜12歳児グループ)から構成される。3年間を同じ教室の同じグループリーダーの下で年少・年中・年長の三つの立場を経験しながらすごし、それを繰り返しながら小学校を卒業する制度。

新着ブログ: イエナプラン教育