イエロードック

イエロードック

(動植物)
いえろーどっく

Yellow Dock(学名:Rumex crispus ナガバギシギシ)
生薬名は牛耳大黄(ギュウジダイオウ)
タデ科の多年草。黄色い花をつけ、高さは大きなものでは2mを超えるほどに育つ。原産地はヨーロッパだが、丈夫で繁殖力が強く、現在日本を含めて全世界に広がっている。
根の部分を粉末にして使用する。アロエ、センナなどと同様アントラキノンを含み穏やかな下剤として重用される。また抽出液をクリームとして乾癬などの慢性皮膚疾患に幅広く使用される。
葉には高濃度の蓚酸塩が含まれるので腎臓結石および痛風の既往歴がある場合は注意する。
参考:"科学用語の基礎知識 - アントラキノン
同じRumex属(ギシギシ)では、ソレルsorrelもハーブとして知られている。
なおイエロードッグと書かれているサイトもあるが、綴りの間違い。

新着ブログ: イエロードック