イスファハン

(地理)
いすふぁはん

Isfahan


イラン中部の都市。テヘランから南に約400kmほど下ったところにある。人口百万を超えるイラン屈指の大都市。エスファハンとも。
もともとはイラン高原のオアシス都市の一つ。11世紀にはセルジューク朝が首都としたが、その後1387年にティムールによって破壊される。
1598年にサファヴィー朝の首都となり、発展。イスラム建築多数が並ぶ美しい都市となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ