イソプロピルアンチピリン

(サイエンス)
いそぷろぴるあんちぴりん

ピラゾロン骨格を有する化合物でいわゆるピリン系の解熱鎮痛消炎薬.
サリチル酸誘導体と同様にプロスタグランジン(PG)合成阻害に基づくが,より中枢性に働き,比較的強い解熱作用,鎮痛作用を発現すると考えられている.
本薬剤による解熱鎮痛効果は,同様のピリン系であるアミノピリンとほぼ等しいが,単品としての特色は少なく,他の系統の解熱鎮痛薬と配合して相加的な効果が期待される.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ