イタコ

(一般)
いたこ

東北地方で口寄せ(死者の霊などを自分の身体に降ろして語らせる行為)を行うシャーマン。
盲目や弱視の女性が生計を得るために成巫(巫女さんなので)する場合が多い。

オシラサマと呼ばれるものを振り回して、集落の氏神様を呼ぶ。
ユタからイチコに至る 巫女の呼称と関連するという説がある。柳田國男は、アイヌ語のITAK(神へも申さく)
と関連するとか、言っているがどうかは不明。

参考資料

イタコとオシラサマ―東北異界巡礼 (Esoterica selection)

イタコとオシラサマ―東北異界巡礼 (Esoterica selection)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ