Hatena Blog Tags

イヌビユ

(動植物)
いぬびゆ

 ヒユ科の野草。姿格好の似たものとして、イヌビユとアオゲイトウがある。両者は葉先の形がわずかに違うが、(イヌビユは葉がちよっとへこむ)食用になる。ただしシュウ酸が多いので、灰汁抜きが必要である。なお、園芸植物の「鶏頭(けいとう)もヒユ科であり、そもそもこの科の植物は有用なものが多い。野菜として利用できるものにバイアム、種子が穀物として使えるものにアマランサスがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ