イブキマイカグラ

イブキマイカグラ

(スポーツ)
いぶきまいかぐら

イブキマイカグラ

生年月日 1988年2月24日生まれ-2009年6月24日没・牡・栗毛
生産者 社台ファーム(北海道千歳)
リアルシャダイ
ダイナクラシック
母の父 ノーザンテースト
馬主 (有)伊吹
管理調教師 中尾正(栗東)
競走成績 14戦5勝
主な勝ち鞍 阪神3歳S 弥生賞 NHK杯 (2着・菊花賞)



イブキマイカグラは栗東トレーニングセンター中尾正厩舎に所属した引退競走馬。アンバーシャダイの甥にあたる血統。

1990年(旧表記3歳シーズン)

7月の小倉競馬でデビュー。1番人気に支持されたものの初戦は7着に敗れ連闘で望んだ2戦目の新馬戦を勝ち上がった。オープンの野路菊Sを2着後、500万下黄菊賞に勝ちオープン入り。重賞初挑戦のデイリー杯3歳Sは2番人気に支持されたが3着に終わった。続いて挑戦した阪神3歳Sも2番人気に留まったが、これを同競走のレコードタイムで優勝。このシーズンを6戦3勝で終えた。

1991年(旧表記4歳シーズン)

クラシックに向かうべく弥生賞から始動した。前年の最優秀3歳牡馬に選出された関東所属の外国産馬リンドシェーバーと初対戦することになり、2番人気の評価で出走。レースはゴール前粘りこむリンドシェーバーをアタマ差交わし優勝した。皐月賞はトウカイテイオーに次ぐ2番人気で出走、後方から追い込んだものの4着に敗れた。続いて出走したNHK杯は圧倒的1番人気に推され、レースでもこの馬らしい末脚を見せ優勝した。しかしながら、次走予定の日本ダービーに向けた調教中に骨折を発症、休養に入った。菊花賞トライアル京都新聞杯で復帰しナイスネイチャの2着。菊花賞は大本命不在ということもあり1番人気の評価を得たが、レオダーバンに及ばず2着だった。

1992年(旧表記5歳シーズン)

産経大阪杯から始動し前年の二冠馬トウカイテイオーと顔をあわせたものの、見せ場の無い7着に敗れた。続いてメジロマックイーン対トウカイテイオーの対戦で沸いた天皇賞(春)は後方から差を詰めての3着だった。続いて安田記念に出走したが、11着に終わった。この後屈腱炎を発症したこともあり引退、種牡馬入りすることになった。

種牡馬時代

種牡馬としては高知競馬で活躍したイブキライズアップなどを出したものの、本馬に匹敵するような産駒は出せず2003年に種牡馬を引退した。その後功労馬として北海道日高町のケイズ豊郷分場に繋養されていたが、2009年6月24日に急性心不全で死亡した。

イブキマイカグラの血統



リアルシャダイ
*Real Shadai
Roberto Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Desert Vixen In Reality Intentionally
My Dear Girl
Deset Trial Moslem Chief
Scotch Verdict
ダイナクラシック ノーザンテースト
*Northern Taste
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
クリアアンバー
*Clear Amber
Ambiopoise Ambiorix
Bull Poise
One Clear Call Gallant Man
Europa


リスト::競走馬

新着ブログ: イブキマイカグラ