イプシロン

(一般)
いぷしろん

ランチア・イプシロン

フィアットグループ傘下のランチアが製造するプレミアム・コンパクトカー。
ランチア(アウトビアンキ)Y10の後継機として、1994年に初代(当時の表記は“Lancia Y”)がデビューした。
フィアット・プント(初代)のプラットフォームを流用した3ドアハッチバックで、エンリコ・フミアのデザインになる美しいボディのみならず、“カレイドス”と呼ばれる多彩な車体色バリエーションと内装チョイスにより、自分好みの一台を作れることが話題を呼んだ。
変速機は5速/6速の3ペダルMTと、富士重工製のCVTが設定された。

2002年にフルモデルチェンジ(二代目プントのプラットフォーム使用。“Lancia Ypsilon”表記になる)し、ここで幅が拡大され3ナンバーサイズとなる。
“Bカラー”と呼ばれる独特なツートーン塗装が設定されたほか、変速機はCVTに替えて“DFN”と呼ばれる2ペダルMT(フィアットの“デュアロジック”に相当)が設定された。

2011年に三代目(フィアット500のプラットフォームが基本)が発表、ここで5ドアハッチバックとなった他、ランチアとクライスラーの販売網が統合されたためクライスラー風のマスクとなる。

日本ではガレーヂ伊太利屋などによる並行輸入が行われていたが、2012年11月よりクライスラー・ブランドで正規輸入販売が開始された。

イプシロン

(サイエンス)
いぷしろん

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した固体ロケット。
イプシロンロケット

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ