インゲンマメ

インゲンマメ

(動植物)
いんげんまめ

Phaseolus vulgaris
隠元豆
マメ科インゲン属
南米原産

最初に明の隠元禅師が日本に伝えたことからインゲンと呼ばれるようになったという
明治に入り、多くの品種がヨーロッパから導入された
未熟なサヤ、豆を食用にする
ビタミン類が豊富で栄養価が高い
毒があるので生食は危険

:植物

新着ブログ: インゲンマメ