インスタンス

(コンピュータ)
いんすたんす

【instance】実体。オブジェクト指向プログラミングなどで使用される用語。
オブジェクト指向プログラミングで、クラスを基にした実際の値としてのデータのこと。クラスと対比して用いられることが多く、クラスを「型」、インスタンスを「実体」として説明されることもある。
クラスのインスタンスはオブジェクトであり、メタクラスのインスタンスはクラスであり、UMLメタモデルのインスタンスはUMLのモデルである。
語感としては、実例という英語の意味を想起するとわかりやすい。

例えば、人間という集合を「人間クラス」とした場合に、インスタンスつまり実例、実際の要素はAさん、というような感じになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ