インターコンチネンタルカップ

インターコンチネンタルカップ

(スポーツ)
いんたーこんちねんたるかっぷ

Intercontinental Cup


国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)、南米サッカー連盟(CONMEBOL)の主催により、1960年から2004年まで行われていた、UEFAチャンピオンズリーグコパ・リベルタドーレスの優勝クラブが対戦するサッカーのクラブチーム世界一決定戦のこと。
1957年に欧州のクラブ王者を決めるUEFAチャンピオンズカップ(現・UEFAチャンピオンズリーグ)が開始され、南米でも1960年から南米クラブ王者を決めるコパ・リベルタドーレスが開始。その双方の王者どうしがホーム・アンド・アウェー方式で世界一を決めるインターコンチネンタルカップとして発足。その後サポーターの暴動が起きるようになり(2度、大会中止になっている)、それを嫌い辞退するチームも現れ大会存続そのものがあやしくなった。そこで1980年からスポンサーにトヨタ自動車が付き「トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ」(トヨタカップ)として中立地の日本で一試合で勝敗を決することになった。会場は2001年までは国立霞ヶ丘陸上競技場、2002年から横浜国際総合競技場。
2005年から全大陸のクラブチャンピオンが参加するFIFAクラブ世界選手権(2006年からFIFAクラブワールドカップ)が開催されるため、それに統合される形で2004年大会を最後にその幕を閉じることになった。

歴代大会結果

(太字は優勝クラブ)

インターコンチネンタルカップ時代

欧州代表 南米代表
第1回 1960年 レアル・マドリーCF(スペイン) CAペニャロール(ウルグアイ)
第2回 1961年 SLベンフィカ(ポルトガル) CAペニャロール(ウルグアイ)
第3回 1962年 SLベンフィカ(ポルトガル) サントスFC(ブラジル)
第4回 1963年 ACミラン(イタリア) サントスFC(ブラジル)
第5回 1964年 FCインテルナツィオナーレ・ミラノ(イタリア) CAインデペンディエンテ(アルゼンチン)
第6回 1965年 FCインテルナツィオナーレ・ミラノ(イタリア) CAインデペンディエンテ(アルゼンチン)
第7回 1966年 レアル・マドリーCF(スペイン) CAペニャロール(ウルグアイ)
第8回 1967年 セルティックFC(スコットランド) ラシン・クラブ(アルゼンチン)
第9回 1968年 マンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド) エストゥディアンテス(アルゼンチン)
第10回 1969年 ACミラン(イタリア) エストゥディアンテス(アルゼンチン)
第11回 1970年 フェイエノールト(オランダ) エストゥディアンテス(アルゼンチン)
第12回 1971年 パナシナイコスFC(ギリシャ)*1 ナシオナル・モンテビデオ(ウルグアイ)
第13回 1972年 AFCアヤックス(オランダ) CAインデペンディエンテ(アルゼンチン)
第14回 1973年 ユヴェントスFC(イタリア)*2 CAインデペンディエンテ(アルゼンチン)
第15回 1974年 アトレチコ・マドリー(スペイン)*3 CAインデペンディエンテ(アルゼンチン)
第16回 1976年 FCバイエルン・ミュンヘン(西ドイツ) クルゼイロEC(ブラジル)
第17回 1977年 ボルシア・メンヒェングラートバッハ(西ドイツ)*4 CAボカ・ジュニオールズ(アルゼンチン)
第18回 1979年 マルメFF(スウェーデン)*5 オリンピア・アスンシオン(パラグアイ)

トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ Toyota European/South American Cup

年度 欧州代表 成績 南米代表
第1回 1980年 ノッティンガム・フォレストFC
(イングランド)
0-1 ナシオナル・モンテビデオ
(ウルグアイ)
第2回 1981年 リヴァプールFC
(イングランド)
0-3 CRフラメンゴ
(ブラジル)
第3回 1982年 アストン・ヴィラFC
(イングランド)
0-2 CAペニャロール
(ウルグアイ)
第4回 1983年 ハンブルガーSV
(西ドイツ)
1-2(延) グレミオ
(ブラジル)
第5回 1984年 リヴァプールFC
(イングランド)
0-1 CAインデペンディエンテ
(アルゼンチン)
第6回 1985年 ユヴェントスFC
(イタリア)
2-2
4PK2
AAアルヘンティノス・ジュニオールズ
(アルゼンチン)
第7回 1986年 FCステアウア・ブカレスト
(ルーマニア)
0-1 CAリーベル・プレート
(アルゼンチン)
第8回 1987年 FCポルト
(ポルトガル)
2-1(延) CAペニャロール
(ウルグアイ)
第9回 1988年 PSVアイントホーフェン
(オランダ)
2-2
6PK7
ナシオナル・モンテビデオ
(ウルグアイ)
第10回 1989年 ACミラン
(イタリア)
1-0(延) ナシオナル・メデジン
(コロンビア)
第11回 1990年 ACミラン
(イタリア)
3-0 オリンピア・アスンシオン
(パラグアイ)
第12回 1991年 FCレッドスター・ベオグラード
(ユーゴスラビア)
3-0 CSDコロコロ
(チリ)
第13回 1992年 FCバルセロナ
(スペイン)
1-2 サンパウロFC
(ブラジル)
第14回 1993年 ACミラン
(イタリア)*6
2-3 サンパウロFC
(ブラジル)
第15回 1994年 ACミラン
(イタリア)
0-2 CAベレス・サルスフィエルド
(アルゼンチン)
第16回 1995年 AFCアヤックス
(オランダ)
0-0
4PK3
グレミオ
(ブラジル)
第17回 1996年 ユヴェントスFC
(イタリア)
1-0 CAリーベル・プレート
(アルゼンチン)
第18回 1997年 ボルシア・ドルトムント
(ドイツ)
2-0 クルゼイロEC
(ブラジル)
第19回 1998年 レアル・マドリーCF
(スペイン)
2-1 CRヴァスコ・ダ・ガマ
(ブラジル)
第20回 1999年 マンチェスター・ユナイテッドFC
(イングランド)
1-0 SEパルメイラス
(ブラジル)
第21回 2000年 レアル・マドリーCF
(スペイン)
1-2 CAボカ・ジュニオールズ
(アルゼンチン)
第22回 2001年 FCバイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
1-0(延) CAボカ・ジュニオールズ
(アルゼンチン)
第23回 2002年 レアル・マドリーCF
(スペイン)
2-0 オリンピア・アスンシオン
(パラグアイ)
第24回 2003年 ACミラン
(イタリア)
1-1
1PK3
CAボカ・ジュニオールズ
(アルゼンチン)
第25回 2004年 FCポルト
(ポルトガル)
0-0
8PK7
CDオンセ・カルダス
(コロンビア)

*1:欧州王者AFCアヤックスは出場辞退

*2:欧州王者AFCアヤックスは出場辞退

*3:欧州王者FCバイエルン・ミュンヘンは出場辞退

*4:欧州王者リヴァプールFCは出場辞退

*5:欧州王者ユヴェントスFCは出場辞退

*6:欧州王者オリンピック・マルセイユが欧州王者としての活動を禁止されたため

インターコンチネンタルカップ

(スポーツ)
いんたーこんちねんたるかっぷ

各大陸の代表が集う世界一決定戦。

サッカー
インターコンチネンタルカップ
野球
IBAFインターコンチネンタルカップ

新着ブログ: インターコンチネンタルカップ