インターフェロン

(サイエンス)
いんたーふぇろん

インターフェロンとは、生体から分泌される物質(サイトカイン)で、抗ウイルス作用を有している。

この他、細胞増殖抑制作用、抗腫瘍作用、免疫調節作用、細胞分化誘導作用等の生物活性が知られている。

インターフェロンにはα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、ω(オメガ)の4型があり、この中で現在C型肝炎の治療に一般的に使用されているのはαとβ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ