ウイキョウ

ウイキョウ

(動植物)
ういきょう
  • 茴香
  • 学名:Foeniculum vulgare
  • 別名:フェンネル
  • セリ科の宿根草

地中海原産で、日本には平安時代に渡来。薬用、香味料として用いられる。
日本では江戸時代に種子を健胃・去痰薬などに用いられ、現在でも漢方の安中散の処方の中に使われている。
ギリシャ語ではクミンとなっているが、ウイキョウとクミンは異なる植物である。
独特な芳呑がありとくに果実は強く香る。
「茴香」は「魚の香りを回復させる」という意味の中国語が由来

:植物

新着ブログ: ウイキョウ