ウェイド・ボッグス

ウェイド・ボッグス

(スポーツ)
うぇいどぼっぐす

Wade Anthony Boggs

MLB選手・野球指導者。通称「チキンマン」。*1
右投左打、ポジションは三塁手。背番号は26→12番。


1958年6月15日生まれ。米国ネブラスカ州出身。
1976年、ドラフト7位でボストン・レッドソックスに入団。

1982年、メジャー昇格。
同年、打率.349を記録。
1983年、打率.361で首位打者のタイトルを獲得。1989年まで7年連続でシーズン200安打を記録。


その後1985年から1988年にかけて、4年連続で首位打者を獲得。
リーグを代表する巧打者として、1980年代のレッドソックスを支えた。

同時期に活躍したトニー・グウィンと比較され、「ア・リーグのグウィン」とも表現された。
類稀なる選球眼の持ち主で、悪球には手を出さなかったことで知られる。


1993年、ニューヨーク・ヤンキースに移籍。
移籍後も4年連続で打率3割を記録。

1996年、自身初のワールドシリーズ制覇を果たす。

この間、1985年から1996年まで12年連続で三塁手としてオールスター出場を果たす。

1997年、1試合のみ投手として登板。ナックルボールを見せた。


1998年、故郷のタンパベイ・デビルレイズに移籍。同年、通算3000本安打を本塁打で達成。

1999年、現役引退。
18年間で打率3割を15度、通算3010安打、打率.328を記録した。


2000年、背番号12番がデビルレイズの永久欠番となる。
同年、デビルレイズの打撃コーチに就任。

2001年、退団。

現在はタンパに在住し、ゲイザー高校のコーチに就任。


2005年、米国野球殿堂入り。

「チキンマン」

ボッグスは迷信家として知られ、多くのジンクスを毎試合に行った。

  • 同時間に起床
  • 毎試合前に必ず鶏肉を口にする
  • 150本のゴロを練習で受ける
  • 17時17分に打撃練習に入る
  • 19時17分にダッシュを行う
  • 守備位置とベンチの間は毎回同じルートを通る
  • 打席の前に必ず「Chai」*2と地面に書く

*1:毎試合前に鶏肉を食べるジンクスから、ジム・ライスによって命名。

*2:ヘブライ語で「命」の意味。

新着ブログ: ウェイド・ボッグス