Hatena Blog Tags

ウォーレス・ビアリー

(映画)
うぉーれすびありー

Wallace Beery(1885-1949)本名:ウォーレス・フィッツジェラルド・ビアリー
アメリカの男優・映画俳優。
1885年4月1日、ミズーリ州カンザスシティ生まれ。
1916年から19年までグロリア・スワンソンと結婚。

主な出演作

  • 「モヒカン族の最後」(1920)
  • 「黙示録の四騎士」(1921)
  • 「キートンの恋愛三代記」(1923)
  • 「ロスト・ワールド」(1925)
  • 「弥次喜多従軍記」(1926)
  • 「弥次喜多海軍の巻」(1926)
  • 「戦艦くろがね号」(1926)
  • 「弥次喜多野球の巻」(1927)
  • 「弥次喜多消防の巻」(1927)
  • 「弥次喜多空中の巻」(1927)
  • 「弥次喜多女難の巻」(1928)
  • 「人生の乞食」(1928)
  • 「ローマンスの河」(1929)
  • 「ビッグ・ハウス」(1930)*アカデミー主演男優賞ノミネート
  • 「ビリー・ザ・キッド」(1930)
  • 「忘れじの面影」(1930)
  • 「惨劇の波止場」(1930)
  • 「秘密の6」(1931)
  • 「チャンプ」(1931)*アカデミー主演男優賞受賞
  • 「太平洋爆撃隊」(1931)
  • 「グランド・ホテル」(1932)
  • 「酔ひどれ船」(1933)
  • 「晩餐八時」(1933)
  • 「バワリイ」(1933)
  • 「奇傑パンチョ」(1934)
  • 「宝島」(1934)
  • 「曲芸団」(1934)
  • 「空の軍隊」(1935)
  • 「支那海」(1935)
  • 「猛獣師の子」(1935)
  • 「噫(ああ)、初恋」(1935)
  • 「ガルシアの伝令」(1936)
  • 「十万弗玉手箱」(1936)
  • 「悔悟」(1937)
  • 「奴隷船」(1937)
  • 「大西洋撃滅隊」(1939)
  • 「ダコタから来た男」(1940)
  • 「荒野の掠奪」(1941)
  • 「悪漢バスコム」(1946)
  • 「スイングの少女」(1948)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ