ウォーロック

ウォーロック

(ゲーム)
うぉーろっく

社会思想社の発行していたゲーム雑誌(1986-1992)。ゲームブックやTPRGの専門誌。

歴史

1986年にイギリスの雑誌「Warlock」の日本語版として創刊。1984年から社会思想社が刊行していたゲームブック「ファイティング・ファンタジー」シリーズのサポート誌としてスタートした。

途中からはゲームブックから離れ、社会思想社が販売したTRPG「T&T(トンネルズ・アンド・トロールズ)」のサポート誌へと変遷した。

1990年代に入ると、TRPGがブームとなり市場は拡大していたにもかかわらず、他社TRPGを無視して自社のTRPGしか取り扱わないため、雑誌の内容に閉塞感が漂ってしまい、結局1992年に休刊した。

特徴

  • イギリス人や日本人作家の作成したゲームブックを雑誌内に掲載した。日本人作家の作品はのちに書籍化されたものも有った。
    • モンスターの逆襲(山本弘とグループSNE)
    • フォボス内乱(宮原弥寿子)
    • 送り雛は瑠璃色の(思緒雄二)
    • 等々。
  • イラストレイター「Nikov」氏の描くマスコットキャラクター「ロッコ」が人気だった。

新着ブログ: ウォーロック