ウジェーヌ・ドラクロワ

(アート)
うじぇーぬどらくろわ

:芸術家
Ferdinand Victor Eugène Delacroix(1798年4月26日〜1863年8月13日)
ロマン主義美術を代表する芸術家。
ジェリコーの作品が新時代の美意識のマニフェストとすれば、ウジェーヌ・ドラクロワはその完成者であった。
彼はデビュー作『ダンテの小舟』で強い明暗と大胆な動感表現によって話題を呼び、『キオス島の虐殺』で古典的な肉付け方を棄て、『サルダナパールの死』で対角線構図にまとめられた東洋的主題、輝くような色彩、粗いタッチによる動感表現という完璧に反古典主義的な、つまりロマン主義的な作風を示した。
晩年彼の更に磨きをかけた色彩表現はそれ自体が自立した表現力を獲得しており、近代絵画の成立に彼が果たした役割の大きさを物語っている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ