Hatena Blog Tags

エドマンド・ホワイト

(読書)
えどまんどほわいと

エドマンド・ホワイト(Edmund White)


<プロフィール>
1940- アメリカ オハイオ州シンシナティ生まれ (男)
デトロイト郊外の寄宿学校を卒業し、ミシガン大学で中国語を専攻、 その後、ニューヨークで出版社に勤めながら創作をする。
小説家として一本立ちしてからは、イェール、コロンビア、ジョンズ・ホプキンズといった名門大学で教鞭をとる。
英米ではヘンリー・ジェイムズに比較されるほどの文章家としても知られている。

<作品録>

・「生きながら皮を剥がれて」(原題Skinned Alive)1995
   (1)早川書房 柿沼瑛子訳 四六判 325p \2,300 1997/07発行 ISBN:4152080914(版元品切)

・「Genet」1993(評伝)

・「美しい部屋は空っぽ」(原題The Beautiful Room is Enpty)1988
   (1)早川書房 柿沼瑛子訳 四六判 298p \1,650 1990/12発行 ISBN:4152077026(版元品切)

・「螺旋」(原題Caracole)1985
   (1)早川書房 浅羽莢子訳 四六判 310p \2,330 1995/06発行 ISBN:4152020849

・「ある少年の物語」(原題A Boy's Own Story)1982
   (1)早川書房 柿沼瑛子訳 四六判 282p \1,650 1990/10発行 ISBN:415207697(版元品切)

・「States of Desire」1980(ノンフィクション)

・「Forgetling Elena」1973

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ