エリスロポエチン

(サイエンス)
えりすろぽえちん

腎臓で産生されるホルモンの一つ。erythropoietin。
その機能は、骨髄に働きかけ赤血球の産生を促進すること。
腎不全者においては、このエリスロポエチン産生が障害されることにより、貧血となる。これを腎性貧血と言う。
これに対して遺伝子組み換えエリスロポエチン製剤が投与される。
代表的な遺伝子組み換えエリスロポエチン製剤にはキリンビール株式会社のエスポーと中外製薬のエポジンがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ