オオカナダモ

オオカナダモ

(動植物)
おおかなだも

学名:Egeria Densa
被子植物門トチカガミ科の沈水植物である南米原産の水草。


植物生理学の実験用に日本に持ち込まれ、1940年代に野生化が山口県で確認され、70年代に琵琶湖で大繁茂して注目されるようになった。要注意外来生物に指定されている。
長いものでは全長1メートルを超え、茎の上部で分枝しているのが特徴。


関連語 :植物

新着ブログ: オオカナダモ