オクタヴィアヌス

(一般)
おくたびあぬす

オクタウィアヌス
Gaius Julius Caesar Octavianus, 紀元前63年〜紀元後14年。
カエサルの姉ユリアの孫、カエサルの養子で相続人。初代ローマ皇帝
カエサル暗殺後、復讐を果たし、第2次三頭政治の一隅を占め、アントニウスと対立。プトレマイオス朝最後の女王クレオパトラ(7世)と結んだアントニウスを倒して、ローマの権力を握る。前27年に「アウグストゥス」という尊称を元老院から贈られる。以降、彼はアウグストゥスと呼ばれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ