オペラ座館

(マンガ)
おぺらざかん

金田一少年の事件簿にて、3回に渡って事件現場となった、架空の建物。最初の事件後、取り壊されたが、再度立て直された。しかし、立て直したその直後に、2度目の事件が発生する。その後、所有者が事故死し、別の人が所有者に。3度目の事件で、犯人が放火したため、建物は全焼した。

オペラ座館殺人事件

  • 金田一少年の事件簿のマンガで、1番最初に書かれた事件。

オペラ座館・新たなる殺人

  • ノベルス版で書かれた金田一少年の事件簿の事件。前回の事件と大きく結びつく構成になっている。

オペラ座館・第三の殺人

  • 元所有者の死を弔う会として参加し、そこで3度目の殺人が起こるという、金田一少年の事件簿第2期の作品。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ