Hatena Blog Tags

オリンピア

(読書)
おりんぴあ

E.T.A.ホフマンの小説「砂男」の登場人物・・・というか、精巧な人形。主人公ナタナエルが恋する。

オリンピア

(地理)
おりんぴあ

Olympia
ギリシャ南部の小さな町*1。オリンピック発祥の地。紀元前8世紀頃から、1000年以上もの長い間古代オリンピック競技が行われた場所である。
この場所にある遺跡は1989年、世界遺産に登録されている。
日本の愛知県稲沢市は姉妹都市。

アメリカ合衆国ワシントン州西部のワシントン州の州都にもオリンピアという都市がある。

*1:現在では1000人に満たない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

オリンピック開催予定日まで3か月。変異種による大阪など関西圏の医療崩壊、死者重症者続発、自宅待機者万単位の中、オリンピックに看護師、医師緊急大量投入などのリアル情報に加えて、海外選手団以外の訪日五輪関係者、19万人から圧縮して9万人、なおも規模縮小中、などという情報は組織委員会から出てきた。五輪担当相は特別監視員500人動員とかいう漫画的コメント。英語ができるIT技術者募集、月給23万円試用期間3か月などというブラック企業並みの募集も。

選手団1,5万人以外の訪日五輪関係者の実数について、反俗日記は以前から注目し、情報を探していた。選手団の何倍もの関係者がいることは解っていたが、想像以上に多かった。 当初18万人を圧縮し現時点で9万人と半減し、今後、規模縮小を目指していとのことだが、よくよく考えてみると、そんな数字はあくまでもあてずっぽうで数えられる人数など当てにできないのは解りきったこと。 来日するしないは本人の自由意思、と云うヒトもいっぱいいる。突発的に東京五輪に「参加」したいという増加人数をどうして止めるのか。ジャーナリストなら、パンデミック下、五輪開催の東京、日本及び日本人に興味津々というところじゃないか。ファクターX…