オーキシン

(サイエンス)
おーきしん

植物ホルモンのうちインドール酢酸、ナフタレン酢酸などの総称。
細胞の伸長、発根促進、細胞分裂の促進、単為結実の促進、カルス形成などを引き起こす。 植物ホルモンの中でも多く使用される。
茎端で作られ、植物の屈性を引き起こす。
また、菌類の中には植物に寄生してオーキシンを生産することにより、異常な成長を引き起こすもの(天狗巣病など)がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ