カイオ・ジュニオール

カイオ・ジュニオール

(スポーツ)
かいおじゅにおーる

Caio Junior
ブラジル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
本名はLuiz Carlos Saroli(ルイス・カルロス・サローリ)。
パルメイラスやフラメンゴなどブラジルの名門クラブの監督を務めた。
2009年、Jリーグ・ヴィッセル神戸の監督に就任。
2009年6月、一身上の都合で辞任。直後にカタールのアル・ガラファの監督に就任し、オイルマネーで引き抜かれたことが判明した。