カクテルパーティー効果

カクテルパーティー効果

(サイエンス)
かくてるぱーてぃーこうか

カクテルパーティー効果は、1953年に心理学者のコリン・チェリーによって提唱された行動心理で、騒々しい場所などでも自分に関係のある情報には、無意識に注意、意識が向く現象のことをいいます。

多くの人が行きかう騒々しいなかで、自分の名前が呼ばれたことに気付けることや、パーティー会場などの騒々しい場所で相手との1対1の会話がしっかり成り立つなどのことです。

http://www.web-bp-lab.com/entry/%E8%A1%8C%E5%8B%95%E5%BF%83%E7%90%86/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C

ネットの話題: カクテルパーティー効果

人気

新着

新着ブログ: カクテルパーティー効果