カサ・バトリョ

カサ・バトリョ

(地理)
かさばとりょ

(カタルーニャ語:Casa Batll�・ 、カザ・バッリョーあるいはカザ・バッジョー)
スペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディが手がけた建築物の1つ。2005年にユネスコの世界遺産に登録された。カサ・バトリョとはスペイン語(カスティーリャ語)発音によるもので、カタルーニャ語ではカザ・バッリョと発音する。バトリョ邸(バッリョ邸)。ガウディの最晩期の作品で、建設当初は骨の家と呼ばれていた。もともと家は既存の家の改増装で、ファサードのバトリョ家の住宅の部分などに骨のような柱などが取り付いたためにこう呼ばれた。ファサードやパティオはカラフルなセラミックで覆われている。家具もこの家のためにデザイしているが全て局面で作られ、一見すると座り心地が悪いようだが、ガウディのほとんどのデザインのようにすこぶる座り心地が良い。

新着ブログ: カサ・バトリョ