カジャグーグー

(音楽)
かじゃぐーぐー

デュラン・デュランの弟分的グループとしてデビューした、 80年代ニューロマンティックを代表するバンド。

83年に「君はToo Shy」が大ヒットするが、その後ヴォーカルのリマールが脱退(結果として音楽性の違いが理由らしいが、当時はマネジメントサイドから追い出された形)、ベース担当のニック・ベッグスがヴォーカルを引き継いだ。

セカンド発表後、バンド名をカジャ(Kaja)に縮めてサード・アルバムを発表するが不発に終わり、そのまま活動停止。

一方、リマールもアルバム「ドント・サポーズ」、映画の主題歌「ネヴァー・エンディング・ストーリー」をヒットさせるが、後が続かなかった。

オリジナル・アルバムは以下の3枚。
White Feathers
Islands
Crazy Peoples Right to Speak

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ