カゼルタ宮殿

(地理)
かぜるたきゅうでん

(伊語:Reggia di Caserta、レッジャ・ディ・カゼルタ
イタリア共和国カンパーニア州カゼルタにある宮殿。18世紀後半に、ナポリ王国ブルボン朝)のカルロ3世によって建設された。18世紀にヨーロッパで建てられた中で最も巨大な宮殿といわれる。1997年、ヴァンヴィテッリの水道橋サン・レウチョの邸宅群と共に「カゼルタの18世紀の王宮と公園、バンビテッリの水道橋とサンレウチョ邸宅群」として世界遺産登録された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ