カッシーニ

(サイエンス)
かっしーに

イタリアで生まれ、のちにフランスに帰化した天文学者。
ジョヴァンニ・カッシーニ

カッシーニ

(サイエンス)
かっしーに

アメリカ航空宇宙局(NASA)の土星探査機。
欧州宇宙機関(ESA)製の探査体ホイヘンスを含めると重量2トンを超える重量級の惑星探査機で、土星にとどまって長期観測を行う最初の探査機になる。一方、諸団体が宇宙探査予算縮小のあおりをうけているため、これほど巨大な宇宙探査機は最後かも知れないといわれている。
名前は土星観測に名を残した天文学者のジョヴァンニ・カッシーニから。

経過

  • 1997年10月 打ち上げ。
  • 1998年4月26日 金星に接近し1回目のスイングバイ。
  • 1999年6月24日 金星に接近し2回目のスイングバイ。
  • 1999年8月18日 地球をスイングバイ、木星への軌道へ。
  • 2000年12月30日 木星をスイングバイ、土星への軌道へ。
  • 2004年6月11日:フェーベを無事フライバイ
  • 2004年7月1日:土星の周回軌道へ投入
  • 2004年12月25日:探査機ホイヘンスの切り離し予定
  • 2005年1月:ホイヘンスが衛星タイタンに着陸する予定
  • 2005年1月14日:「カッシーニ」から放出された小型探査機「ホイヘンス」が米東部時間14日午前5時過ぎ(日本時間午後7時過ぎ)、土星の衛星タイタンの大気圏に突入。


リスト::天文学

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ