カムチャツカ半島

カムチャツカ半島

(地理)
かむちゃつかはんとう

ロシアの地名

Kamchatka

ロシアの東から太平洋に太長く延びる*1半島。カムチャッカ半島。
半島西側のオホーツク海と、半島東側のベーリング海に挟まれて存在する。
火山性での山がちな地形を持ち、中央山脈(スレジンヌイ山脈)と東山脈が並行して存在する。
さらに先からは千島列島が延びる。
主な都市としては、カムチャッカ州首府の最大都市「ペトロパブロフスク・カムチャツキー*2」と、内陸部に「エリゾヴォ」半島南部の軍事拠点「ヴィリュチンスク」が存在する程度である。
陸上交通はおよそ発達していない。

*1:全長1000kmを超える

*2:必然的に港湾都市である

ネットの話題: カムチャツカ半島

人気

新着

新着ブログ: カムチャツカ半島