カモガヤ

カモガヤ

(動植物)
かもがや

学名:Dactylis glomerata
別名:オーチャードグラス

ヨーロッパから明治初期に導入されたイネ科の植物。


その後、野生化するとともに、工事などで発生した法面などの緑化に利用され、広く路傍や草地に生育するようになった。植物体は柔らかく、葉の色はやや青みを帯びている。カモガヤは花粉症の原因植物として問題となっている。元々ヨーロッパでも「干草熱」などと呼ばれるような、花粉アレルギーがあったらしい。優秀な牧草であるが、花粉症の人にはやっかいな植物である。


関連語 :植物

新着ブログ: カモガヤ