カラ馬

カラ馬

(スポーツ)
からうま

競馬などで、騎手落馬した状態のを指す。

カラ馬になった馬はすぐに止まることもあるが、馬体に異常がなければそのまま走り続けることも少なくない。

ただ、たいていの場合はしばらく走った後で止まる。


本項目はカラ馬だが、空馬と表記することもある。

主なカラ馬

  • ギャロップダイナ 1985年の札幌日経賞で鞍上の東信二が落馬したが、そのまま走り続け「1位」で入線
  • ノボリハウツー 障害オープン戦で鞍上の船曳文士が落馬した後、競馬場外へ脱走
  • ポルトフィーノ 2008年のエリザベス女王杯で鞍上の武豊が落馬したが、そのまま走り続け「1位」で入線

新着ブログ: カラ馬