カリン塔

(マンガ)
かりんとう

鳥山明原作の『ドラゴンボール』に登場する塔で、天界と下界を結ぶ架空の聖地である。

カリン様という猫の仙人が住んでおり、孫悟空に「これを飲めば力が上がる」という「超仙水」なる水を使って修行をつけた。かつては亀仙人も同じ方法で修行したことがある。また、ここには超仙水のほかに「眠っていた潜在能力を引き出すが、劇薬」である水「超神水」もある

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ