カルロス・クライバー

(音楽)
かるろすくらいばー

1930年生まれのクラシックの指揮者。レコーディング嫌いであり、かつコンサートも滅多にやらないため、生前から「幻の大指揮者」と呼ばれていた。また往年の大指揮者、エーリッヒ・クライバーの実の息子でもある。

1930年、ベルリン生まれ。
1935年、父のエーリッヒがナチスの迫害を受けたため、一家でアルゼンチンへ逃れる。
1954年、ポツダムで指揮者デビュー。
2004年7月13日、療養先のスロベニア(母親ならびに妻の出身地)で死去。享年74歳。

CD

-

DVD

  • 歌劇「カルメン」(ASIN:B00061QVLU)1978年12月ウィーン国立歌劇場
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ