Hatena Blog Tags

カンチェンジュンガ

(地理)
かんちぇんじゅんが

ネパール東部とインド国境にあるシッキム・ヒマラヤの中心をなす山群の主峰。


標高8,586 mはエベレスト、K2に次いで世界第3位とされている。西峰(ヤルン・カン8,505m)、中央峰(8,478m)、南峰(8,476m)が並ぶ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ