カンピロバクター

(サイエンス)
かんぴろばくたー

Campylobacter
食中毒菌。主に家畜に存在し流産や腸炎を起こす菌として知られる。

人間が感染すると、発熱、嘔吐、腹痛、下痢などの症状が発生する。
食品や水を介しての感染が一般的。また、少ない菌量でも感染する。
発症までの潜伏期間は二日から一週間程度。

対策として、食肉は加熱調理が望ましい。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ