カンブリア紀

カンブリア紀

(サイエンス)
かんぶりあき

古生代の初頭、今から5億4500万年前から5億年前ごろの時代区分。
さまざまな生物が爆発的な進化をとげ、さながら進化の実験場であった。
カンブリア紀中期のさまざまな生物の化石が、バージェス頁岩で多く発掘されている。
アノマロカリスピカイア、等いろいろいた。ただ、(以下自主規制)の他バージェス頁岩の標本の状態が悪かったため、頭足類(タコとかイカとか)であるネクトカリスは「エビの一種」として命名されるなど、混乱が多い。一応後に中国のチェンジャン層で状態の良いものが多数出土し、「結構現世の生き物の祖先がいた」ということが判明。しかも「ミロクンミンギア」(wikipediaでは認めてないが「ハイコウイクチス」というのも一応いるっちゃいる)という原始的な魚も発見されている。
三葉虫もカンブリア紀の生物である。

ネットの話題: カンブリア紀

人気

新着

新着ブログ: カンブリア紀