カード現金化

(社会)
かーどげんきんか

クレジットカードのショッピング枠を悪用し、商品の購入代金の一部を返金する方法で現金を提供する方法。主に「商品買取り型」と「キャッシュバック型」の2通りがある。

概要

利用者は、業者からクレジットカードで物品を購入する。これにより、クレジット会社に対して代金支払い義務が生じる。一方、業者はクレジット会社から代金受領の権利が生じる。利用者は業者に購入代金の一定割合で物品を買い取ってもらい、現金を手にする。業者が売却した価格と、利用者が買い取った価格差が業者の利益となる。
ショッピング枠を利用した悪質な手口で、利用者が買う商品は無価値に等しい。インターネット上の現金化業者を利用してしまい後から取り消しを行おうとすると既にサイトが閉鎖され追うことができなくなることがある。
カード会社の会員規約では換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止しており、それに違反した場合はカードの利用停止・強制退会、残債の一括請求をカード会社が行える旨を定めている。日本クレジット協会も、クレジットカードの現金化を行わないよう、ウェブページ等を通じてユーザーへ呼びかけが行われている。

違法性

2013年5月5日、違法な高金利での貸し出しに当たるとして、出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕者が出ている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ