Hatena Blog Tags

カーボンニュートラル

(一般)
かーぼんにゅーとらる

再生可能資源の燃焼による炭素放出は全体での炭素収支ではプラマイ0とする考え方。
植物の生長による炭素固定とその燃焼で、結局循環していて収支上は炭素は増えていない。
石油などの枯渇性資源を燃焼させると、地下から炭素が運び出されることになり、地表および大気中の炭素収支は増加する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

2023年から5年間で産業構造が一気に転換するカーボンニュートラル時代に、日本は、弱体化するか、ピンチをチャンスに変えられるか、それは、天皇制資本主義からの分配金である企業育成資金を活用できるかにかかっている。

2023年から5年間で産業構造が一気に転換するカーボンニュートラル時代に、日本は、弱体化するか、ピンチをチャンスに変えられるか、それは、天皇制資本主義からの分配金である企業育成資金を活用できるかにかかっている。 2023年は、自動車業界の100年に一度の大転換期が本格的に日本でもスタートすることが確定しました。世界的に内燃機の化石燃料エンジン搭載の自動車は、販売禁止する動きが活発になっており、カーボンニュートラル時代に対応する動きが本格的になり、これから消える業態、生き残る業態と、大きな転換期を迎えることになります。 つまり、このような大転換期にこそ、重要なことは、企業育成資金の仕組みを活用し…