ガイア幻想紀

(ゲーム)
がいあげんそうき

エニックス(現スクウェア・エニックス)より1993年11月27日に発売されたスーパーファミコン用アクションRPG。


不思議な力を持つ主人公の少年テムとして万里の長城、アンコールワットなどの古代遺跡を冒険するアクションRPG。
冒険家の父を捜すために笛一本で戦っていく。主人公の髪がとにかくサラサラ*1
変身できたり、必殺技があったりとなかなか盛りだくさん。
16メガ&豪華なスタッフで発売した割にはあまり目立たないままだったというさりげにマニアック/マイナーなゲーム。しかし完成度は高い。
五感に訴えかける謎解きなど、ゲームとしても見所が多い。
「ソウルブレイダー」「天地創造」と共にソウル三部作(あるいはクインテット三部作)と呼ばれている。

主要スタッフ

  • シナリオ原案:大原まり子(第15回日本SF大賞受賞)
  • キャラクター原案:萩尾望都
  • コンポーザー:川崎康宏
  • 開発:クインテット

関連商品

ガイア幻想紀

ガイア幻想紀

*1:この髪がなびくのを利用した謎解きもある

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ