ガイドラインへの提案

ガイドラインへの提案

(はてな)
がいどらいんへのていあん

「ガイドラインへの提案」とは何か

「ガイドラインへの提案」は各々のガイドラインの編集をする場です*1。「ガイドラインへの提案」の目的は「ガイドラインそのもの」と「作業をする場」を分離し、ガイドラインの改竄を防ぐことにあります。



キーワード説明文作成のためのガイドライン(試案)

  1. 概要 (たたき台として掲載してみました id:sasada)
    • 当ガイドラインの役割 (id:sasada)
      • 当ガイドラインは、キーワード説明文を 作成 記述 する際の指針を示すためのユーザー・ガイドです。 (id:sasada)
      • ユーザー諸氏の協力の下、今までの慣例や(理想を含めた)「あるべき姿」を模索しつつ、キーワード説明文の基準を示すことを目指しています。 (id:sasada)
    • 当ガイドラインの現状(2004-3-22現在) (id:sasada)
      • ユーザー有志を中心に、試案作成中です。 (id:sasada)
      • コミュニティのコンセンサスをとる作業には着手していません。 (id:sasada)
      • はてなダイアリー管理人公認の物とはなっていません。 (id:sasada)
  2. 基本原則
    • はてな情報削除ガイドライン」に該当する情報は掲載しない。(id:sasada)
    • 情報の掲載に当たっては、「はてな 利用規約」「はてなダイアリーのヘルプ」「はてなのヘルプ」等の公式ルールならびに日本の法令を遵守する。(id:sasada)
    • 記述は中立的・客観的になるようこころがける
      • 思想・歴史にからむキーワードは、客観的記述は難しいとは思うが、記述者とは反対側の思想を持つ人間が見ても、最低限「不快ではない」程度の記述が望ましい
      • 論争に参加するのではなく、論争を描写するべくベストを尽くすべきである(id:naka64)
      • 異なる価値観を整合させえない場合など、両論(多論)併記も選択肢のひとつと心得る(id:sasada)
    • 社会的に流通していない身内だけの意味や自分が新たに付与した意味、または個人的な関連エピソードへの言及などといった、その言葉にもともと含まれていない事柄、普遍性のない記述はしない。(id:jouno)
      • たとえば、一人称的な記述(私は……こう思う。私は……した。)は望ましくない。(id:jouno)
    • 一般的な、あるいは本来の意味と、派生的な意味、用法があるときは、派生的な意味だけを記述することはせず、かならず本来の意味をまず書く。(id:jouno)
    • ある程度年月が経っても、何について語ったものか、登録時に時事性がある話題については配慮する(補足的説明文を入れる)
      • 例。「××」というキーワードについて。「○年○月○日、□氏が「××は△△だ」という発言をし、それが社会的に問題となった」という説明文など
    • 公式サイトがある場合は、そこにリンクを貼る
    • その語について分かりやすく解説しているサイトがある場合は、そこにリンクを貼る
    • 引用の場合は引用元を明記する。とくにネット上の媒体からの引用は、該当先にリンクを貼る。ただし、単純な転載(いわゆるコピペを含みます)は、著作権法上の「複製」権(同法 第二条十五項、第二十一条)に抵触する判断もあるので、記述者によるその語の説明文に添付するなどして、著作権法上の「引用」(同法 第三十二条)の要件を満たすか、掲載にあたり、著作権者の許諾を得ること (2004-3-20 8:20頃 id:sasada)
  3. 人名(固有名詞)
    • 外国人の場合は、「原名(原表記)」を入れるのが望ましい (2004-3-20 8:20頃 id:sasada)
      • アラビア文字など、技術的な問題等により掲載に困難が伴う、あるいは表示可能なブラウザが限定される場合は、原表記以外での代用を試みる。 (2004-3-20 8:20頃 id:sasada)
      • 例。代表作のcopyright表記における人名(Latin 1等による欧米文字表記)、ネット検索の際にヒット率の高い表記など (2004-3-20 8:20頃 id:sasada)
    • 生年と没年(没している場合は)を入れる
    • アーチスト(音楽家・作家など)は、代表作とその発表年を入れる。外国人の場合は、現地での発表年も併記する
  4. 一般名詞
    • 辞書からの引用の場合は、引用元を明記し、ネット辞書の場合は該当先にリンクを貼る。ただし、単純な引用は「転載」という、著作権法に抵触する判断もあるので、「引用」に添付する形で記述者によるその語の説明文を添付する (一般名詞に限らない要件だと考えますので、若干表現を修正したうえで、基本原則に移動してみました 2004-3-20 8:20頃 id:sasada)
  5. 他者による説明文が存在する場合の訂正・削除
    • 元テキスト作成者の記述を尊重し、そのテキスト内容が偏っているとの判断から、より中立的な記述にあらためる場合も、全面削除・改稿という手段を取らないことが望ましい
    • キーワード編集にあたっては、最初の登録者、記述者もほかの編集者とまったく同格の関係者であることを念頭において議論、修正をおこうなこと。(id:jouno)
    • キーワード編集は はてなダイアリー市民なら 誰でもできる機能なので、その内容面に関する意見が数種類あって、記述の訂正・削除で衝突した場合は、いくらでも係争を長引かせることが可能だが、あまり第三者にとって見苦しくない判断を、キーワード説明文の訂正・削除者には 関係者全員に 望みたい
  6. はてなダイアリークラブ(id:jouno)
    • はてなダイアリークラブに属するキーワードは事典、辞書的記述を目的としたものではないので、はてなのヘルプ、規約、日本の法令に違反しないかぎりで、上記のガイドラインはかならずしも適用されない。(id:jouno)
      • 勿論、著作権の尊重や差別の助長の禁止などは準用される。(id:jouno)
    • 記述方式について参加者の間で一般に認められたローカル・ルールがある場合はできるだけ尊重すること。(id:jouno)
    • 既存のクラブ・キーワードの記述の修正については、発案者など一般に認められたメインテナー、世話役が存在する場合はできるだけその記述を尊重し、修正する場合は参加者のコンセンサスにのっとって行う。(id:jouno)
  7. その他(id:sasada)
    • キーワード説明文の記述の際は、作成時において当ガイドラインに準拠していることが望ましいが、他者あるいは自分自身が追補する形で対応することを否定するものではない。(id:sasada)
    • キーワードは関連する他のキーワードと相互にリンクすることで、より便利になります。またジャンルごとに説明文のテンプレートが用意されているものもあります。利用を強制されるものではありませんが、説明文を充実させる手がかりとなります。(id:herecy8)
      • リスト::関連語一覧集
      • 映画
      • アニメ作品タイトル(id:herecy8)

参考リンク:
著作権法http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html


*1:誤字の修正など、細かいものはこれまで通りやっていただければ、と思います。

新着ブログ: ガイドラインへの提案