ガソリンエンジン

(一般)
がそりんえんじん

ガソリンを燃料とするエンジン。
蒸気機関や、あるいはディーゼル油(軽油)を燃料とするディーゼルエンジンなどと対比して使われる語。
ロータリーエンジンなどもあるが、通常はレシプロエンジンである。
軽量で高出力のパワープラントを作りやすいので、航空機や自動車などに用いられ、大発達した。
反面、大型化には不向きな面もあり、大型車や船舶用などではディーゼルエンジンに一歩譲る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ