ガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァー

(アニメ)
がーるずあんどぱんつぁー

アクタス制作によるTVアニメ。英字表記は「GIRLS und PANZER」、略称は「ガルパン」。
2012年10月〜12月および2013年3月に放送された。全12話+総集編2話。
キャッチコピーは「美少女と戦車が織りなす、ひと夏のハートフル・タンク・ストーリー!」。
製作の遅れにより、総集編2話を放送し、第10話でいったん終了。残る2話は2013年3月に放送された。
OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』が制作され、2014年7月5日に映画館で先行上映開始、2014年7月24日にBlu-ray・DVDが発売された。
2015年11月21日、『ガールズ&パンツァー 劇場版』が公開。配給はショウゲート。2016年2月20日より4DX(R)での上映も開始。当初2016年5月までだった上映も、半年で興行収入が20億円を突破した。
2016年5月27日に、「ガールズ&パンツァー 劇場版. Blu-ray & DVD」の発売が開始された後も、上映が延長されており、特に立川シネマシティでは、2016年11月25日まで1年を超える異例のロングラン上映を行うことが決定している。
2016年8月21日までの累計観客動員は1,355,313人、累計興行収入は2,315,264,894円。
2016年8月28日、パシフィコ横浜で開かれたイベント「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」において、「ガールズ&パンツァー 最終章」が制作されることが発表された。詳細は今後明らかになる見込み。

世界観

戦車を使った武道である戦車道が大和撫子の嗜みとされている世界を描いた物語で、学園艦で生活する女子高校生にとって、戦車道は必修選択科目のひとつであり全国大会もある。
サンクスのほか、茨城県東茨城郡大洗町の店舗や宿泊施設、交通機関、役場や商工会などが協力しており、街並、施設、交通機関がほぼ忠実に再現され、一部は実名で登場する。

地域への影響

放送後、企業、地元住民、行政など様々な主体が、イベントやツアー、コラボ商品販売などを次々に企画・展開し、多くの関係者を巻き込んで活動している。それぞれが楽しみながら街ぐるみで取り組み、「聖地巡礼」ブームを巻き起こしている。
また、こうした活動が評価され、『大洗「ガルパン」プロジェクト』が2013年度いばらきイメージアップ大賞の大賞を受賞した。
このほか、大洗町への観光客が増加したことにより、旅客売上高が増えたため、鹿島臨海鉄道の2016年3月期決算では、経常利益が2540万円9000円と、2期ぶりに黒字となった。特に普段からラッピング車両を留置している大洗駅の入場券売上は前期比160%と、大幅な伸びを見せた。

スタッフ

  • 監督:水島努
  • シリーズ構成・脚本:吉田玲子
  • 脚本・考証・スーパーバイザー: 鈴木貴昭
  • キャラクター原案:島田フミカネ
  • キャラクターデザイン・総作画監督:杉本功
  • キャラクター原案協力:野上武志
  • ミリタリーワークス:伊藤岳史
  • プロップデザイン:竹上貴雄、小倉典子、牧内ももこ、鈴木勘太
  • 美術設定:比留間崇
  • 美術監督:大西穣
  • 色彩設計:原田幸子
  • 撮影監督:大庭直之
  • 編集:たぐまじゅん
  • モデリング原案:原田敬至
  • 3D監督:柳野啓一郎
  • 3Dチーフモデラー:後藤岳
  • 3DCGI:グラフィニカ
  • 音響監督:岩浪美和
  • 音響効果:小山恭正
  • 音楽:浜口史郎
  • 音楽制作:ランティス
  • アニメーション制作:アクタス
  • 製作:バンダイビジュアル、ランティス、博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート、ムービック、キュー・テック

キャスト

県立大洗女子学園

あんこうチーム
カメさんチーム(生徒会チーム)
  • 角谷杏:福圓美里
  • 小山柚子:高橋美佳子
  • 河嶋桃:植田佳奈
アヒルさんチーム(バレー部チーム)
カバさんチーム(歴女チーム)
ウサギさんチーム(一年生チーム)
カモさんチーム(風紀委員チーム)
レオポンさんチーム
アリクイさんチーム(ネット戦車ゲームチーム)

陸上自衛隊

  • 蝶野亜美:椎名へきる

聖グロリアーナ女学院

  • ダージリン:喜多村英梨
  • アッサム:明坂聡美
  • オレンジペコ:石原舞
  • ローズヒップ:高森奈津美(劇場版のみ)

サンダース大学付属高校

  • ケイ:川澄綾子
  • ナオミ:伊瀬茉莉也
  • アリサ:平野綾

アンツィオ高校

  • アンチョビ:吉岡麻耶
  • カルパッチョ:早見沙織
  • ペパロニ:大地葉

プラウダ高校

  • カチューシャ:金元寿子
  • ノンナ:上坂すみれ
  • クラーラ:ジェーニャ(劇場版のみ)

黒森峰女学園

  • 西住まほ:田中理恵
  • 逸見エリカ:生天目仁美

知波単学園(劇場版)

  • 西絹代:瀬戸麻沙美
  • 玉田:米澤円
  • 福田:大空直美
  • 細見:七瀬亜深

継続高校(劇場版)

  • ミカ:能登麻美子
  • アキ:下地紫野
  • ミッコ:石上美帆

大学選抜チーム(劇場版)

  • 島田愛里寿:竹達彩奈
  • メグミ:藤村歩
  • アズミ:飯田友子
  • ルミ:中原麻衣

その他

  • 西住しほ:冬馬由美
  • 五十鈴百合:倉田雅世
  • 冷泉久子:愛河里花子
  • 新三郎:伊丸岡篤
  • 秋山淳五郎:川原慶久
  • 秋山好子:仙台エリ
  • 役人:景浦大輔
  • 日本戦車道連盟理事長:飛田展男(劇場版のみ)

主題歌

TVアニメ盤

オープニングテーマ「DreamRiser」
歌:ChouCho
作詞:こだまさおり / 作曲:rino / 編曲:h-wonder
エンディングテーマ「Enter Enter MISSION!」(第2 - 12話、OVA)
歌:あんこうチーム [ 西住みほ(渕上舞)、武部沙織(茅野愛衣)、五十鈴華(尾崎真実)、秋山優花里(中上育実)、冷泉麻子(井口裕香) ]
作詞:畑亜貴 / 作曲:矢吹香那、佐々木裕 / 編曲:佐々木裕

DreamRiser

DreamRiser

Enter Enter MISSION!

Enter Enter MISSION!

劇場版

主題歌「piece of youth」
作詞・歌:ChouCho / 作曲・編曲:酒井陽一
イメージソング「GloryStory」
作詞・歌:ChouCho / 作曲:田村ジュン / 編曲:酒井陽一

『ガールズ&パンツァー』劇場版 主題歌「piece of youth」

『ガールズ&パンツァー』劇場版 主題歌「piece of youth」

放送局

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1話 - 第10.5話
東京都 TOKYO MX 2012年10月9日 - 12月25日 火曜 1:00 - 1:30 (月曜深夜) 独立局
愛知県 テレビ愛知 2012年10月11日 - 12月27日 木曜 2:35 - 3:05 (水曜深夜) テレビ東京系列
愛知県 テレビ大阪
日本全域 バンダイチャンネル 2012年10月11日 - 12月27日 木曜 12:00 更新 ネット配信 有料会員限定
第1話のみ無料、第2話以降は視聴期限あり
BS11 2012年10月13日 - 12月29日 土曜 23:00 - 23:30 BS放送 『ANIME+』枠
提供はバンダイビジュアル1社のみ
みんなでストリーム 2012年10月16日 - 2013年1月1日 火曜 0:00 - 0:30 (月曜深夜) ネット配信 バンダイチャンネル ライブ配信
いばキラTV 茨城県ほか出資
インターネットテレビ放送
AT-X 2012年10月17日 - 2013年1月2日 水曜 21:00 - 21:30 CS放送 リピート放送あり
バンダイチャンネル 2012年10月25日 - 2013年1月10日 木曜 12:00 更新 ネット配信 無料、最新話公開より1週間限定
第1話のみ視聴期限なし
GyaO! 無料、最新話公開より1週間限定
第1話のみ2013年1月10日まで
第11話 - 第12話
東京都 TOKYO MX 2013年3月18日・3月25日 月曜 22:00 - 22:30 独立局
愛知県 テレビ愛知 2013年3月22日・3月29日 金曜 2:05 - 2:35 (木曜深夜) テレビ東京系列
愛知県 テレビ大阪 2013年3月28日 木曜 2:55 - 3:55 (水曜深夜) 2話連続放送
日本全域 バンダイチャンネル 2013年3月29日 金曜 12:00 更新 ネット配信 有料会員限定
公開より1週間限定無料
BS11 2013年3月30日 土曜 3:00 - 4:00 (金曜深夜) BS放送 2話連続放送
『ANIME+』枠
AT-X 2013年3月30日 土曜 17:00 - 18:00 CS放送 2話連続放送
リピート放送あり
みんなでストリーム 2013年4月2日 火曜 0:00 - 1:00 ネット配信 バンダイチャンネル ライブ配信
2話連続無料配信
いばキラTV 2話連続ライブ配信
バンダイチャンネル 2013年4月5日 金曜 10:00 更新 公開より1週間限定無料

ストーリー

TVアニメ版

第1話「戦車道、始めます!」

西住みほは大洗女子学園の転校生。実家を離れ寮暮らしを始めたばかり。クラスでもまだ友達もなくひとりで過ごすことが多い。そんなみほに声をかけてきたのが武部沙織と五十鈴華だった。3人はあっという間にうち解ける。そこに現れたのは生徒会長の角谷。「必修選択科目なんだけどさぁ……。『戦車道』取ってね、よろしく」。わざわざ戦車道がない大洗女子を選んだみほは困惑する。悩むみほをよそに戦車道のオリエンテーションが始まる。

第2話「戦車、乗ります!」

戦車道をやることを選んだみほ。最初の仕事は、戦車道を選んだメンバー全員で学校周辺に放置された戦車を探すことだった。沙織と華と戦車を探すみほは、近くにいた優花里にも声をかける。戦車も無事揃い、メンバー全員で洗車をする。放課後も一緒に過ごした4人は、みほの部屋で夕食とともに食べるのだった。翌朝、みほは登校途中にいまにも倒れそうな女の子を発見する。彼女は成績トップだが遅刻常習犯の冷泉麻子だった。

第3話「試合、やります!」

戦車演習場でみほたちが操るIV号戦車がぶつかりそうになったのは麻子だった。なりゆきで戦車に麻子が乗り込んだ直後、IV号戦車は砲撃を受けて操縦手の華が気絶する。バレー部チームと歴女チームに狙われ絶体絶命の危機に、IV号戦車を操って見せたのは麻子だった。窮地をしのいだIV号戦車は反撃に転じる。校内練習試合が終わり、大浴場で初めての試合の感想を語り合うIV号戦車の面々。麻子の参加も決まり、5人で改めてポジションを決める。

第4話「隊長、がんばります!」

大洗の郊外で始まった聖グロリアーナ女学院との試合。みほが考えた大洗女子の作戦は「こそこそ作戦」。「こそこそ隠れて、相手の出方を見て、こそこそ攻撃を仕掛けたいと思います」。偵察に出たIV号戦車は、聖グロリアーナの戦車隊を引きつけるため砲撃を仕掛ける。IV号戦車を追って迫ってきた聖グロ戦車隊を、一斉に迎え撃つ大洗女子の各チーム。しかし、実力差のため、逆に聖グロの一斉攻撃にさらされピンチに陥ってしまう。生徒会チームと1年生チームが脱落した時、みほが下す決断とは……

第5話「強豪・シャーマン軍団です!」

第63回戦車道全国高校生大会がいよいよ始まる。みほが抽選で引き当てた1回戦の相手は、シャーマン軍団を率いる強豪サンダース大学付属高校。抽選会後、みほたちが、戦車喫茶でお茶をしていると、黒森峰女学園の選手がやってきた。その中にいるみほの姉、まほ。「…まだ戦車道をやっているとは思わなかった」。黒森峰はみほがかつて通っていた高校。どうしてみほは黒森峰を去り、戦車道のない大洗女子に転校してきたのか・・・。
初戦が近づき様々な思いが交錯する中、みほは作戦を練る。

第5.5話「紹介します!」

いよいよスタートした戦車道全国高校生大会。戦車道を避けて大洗女子学園に転校して来たみほが、仲間と共にサンダース大学付属高校との一回戦に臨むことになるまでを、チームメイトの紹介と共にみほ自身が回想する。そして、チームの結束を強めるきっかけとなった聖グロリアーナ女学院との練習試合を、みほと優花里による戦車&戦況解説を通じて読み解いていく。

第6話「1回戦、白熱してます!」

サンダース大付属との死闘は続く。相手のフラッグ車を撃破したほうがこの試合を制する。その時、みほが考えた作戦とは……。大洗女子の無線を傍受していたサンダース大附属のアリサは、大洗女子チームが高台に集結することを知る。だがケイたちが到着した時、そこには大洗女子の戦車はなかった。無線傍受を逆手に取った作戦だったのだ。そしてその直後、アリサの乗ったフラッグ車とバレー部チームが接触をしてしまう。

第7話「次はアンツィオです!」

倒れた祖母のもとへと駆けつけた麻子。みほたちが遅れて駆けつけると、おばあはベッドに横になりながらも達者な口調で麻子やみほたちを叱りつけるのだった。お見舞いの帰り道、安心から寝付いてしまった麻子。みほはそこで沙織から、おばあが麻子の唯一の肉親であると教えられる。みほはその話を聞きながら、西住流の家元である自分の家族のことに思いを馳せる。そしてアンツィオ高校との二回戦に備え、新しい戦車探しが始まった。

第8話「プラウダ戦です!」

プラウダ高校のカチューシャと聖グロリアーナ女学院のダージリンがお茶の時間を楽しんでいた。カチューシャは、ダージリンから大洗女子の隊長が、西住流の娘であると知って驚く。一方西住の家では、母しほが、戦車道を再び始めたみほの勝手な行動に怒っていた。準決勝出場を前に盛り上がる大洗女子の生徒たち。そんな中、みほは生徒会のメンバーに呼び出される。みほを待っていたのは、あんこう鍋だった。生徒会の狙いは……

第9話「絶体絶命です!」

プラウダ高校に包囲され、廃墟の中に追いつめられた大洗女子学園。メンバーの一部に「ここまで頑張ったのだから……」という空気が流れた時、生徒会長・角谷がこの大会で絶対に負けられない理由を明かす。衝撃の事実に寒さと飢えが加わり、士気のあがらないメンバー。その時、みほがとったのは思わぬ行動だった!
期限の時間がきてプラウダ高校から降伏か否かを確認する伝令がくる。その伝令に対してみほは「最後まで戦います!」と宣言する。

第10話「クラスメイトです!」

辛くもプラウダ高校を下し、決勝進出を決めた大洗女子学園。その戦いを見たみほの母・しほは、みほの戦いを「邪道」と一蹴。黒森峰女学院の隊長まほに決勝戦では「王者の戦いを見せてやりなさい」という。一方、大洗女子は決勝戦に備えて、戦力の増強と各戦車の武装強化に余念がなかった。最後の練習を終えたみほたちは、みほの部屋で沙織お手製のカツを囲み食事をする。
そして決勝戦の会場は、戦車道の聖地・東富士。そこに黒森峰女学院の戦車が到着する。

第10.5話「紹介します 2!」

弱小チームながらも、メンバーの知恵と勇気と友情で辛くも戦車道全国高校生大会を勝ち進んできた大洗女子学園。いよいよ黒森峰女学園との決勝戦がスタートした今、改めてみほと優花里がこれまでの道のりを対戦相手のメンバーや使用車輌、戦術の解説を交えながら振り返る。

第11話「激戦です!」

黒森峰女学園と熾烈な戦いは続く。火力と数に勝る黒森峰に対抗するため、長期戦に持ち込みたい大洗女子。みほは地形的に有利な山の上に陣取るため「もくもく作戦」「パラリラ作戦」を連続して展開する。だが、それには動じず、正攻法で対抗する黒森峰。ようやく山の上に集結した大洗女子は、攻勢をかけ最終的に2台の黒森峰戦車を倒す。これで7対18。みほの繰り出す作戦が効果をあげ、試合の流れは大洗女子に傾いているように見えたが……。

第12話「あとには退けない戦いです!」

黒森峰のマウスの圧倒的な力に押される大洗女子。だが、ここでマウスを倒さなくては、形勢の逆転はあり得ない。カメさん(生徒会)チーム、アヒルさん(バレー部)チーム、そしてあんこうチームは捨て身の作戦で挑む。果たして活路は開けるか。大洗女子の命運は!?

OVA版

「調子づかせると手強い」という前評判にも関わらず、サンダース大付属高校に勝利して勢いづく大洗女子学園にあっさりと敗北したと思われたアンツィオ高校―。
だが、その裏には知られざる熱闘があった。
アンツィオ高校の隊長アンチョビは大洗女子学園との全国大会第2回戦を前に、メンバーを前に檄を飛ばしていた。アンチョビによれば、対大洗女子学園の秘策があるという。
少ない予算をやりくりし、倹約して貯金をして秘密兵器・イタリアの重戦車P40を購入したのだ。一方、大洗女子学園ではアンツィオ高校が新型戦車を導入したという情報は掴んでいたものの、その正体までは把握していなかった。そこで、優花里がアンツィオ高校に潜入して―。

劇場版

学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝に終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。
夏休みのある日、大洗町でエキシビジョンマッチが開催されることに。
大洗女子学園と知波単学園の混合チームと対戦するのは、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混合チーム。
今やすっかり大洗町の人気者となった大洗女学園戦車道チームに町民から熱い声援が送られた。
戦いを通じて友情が芽生えた選手たち。試合を終えれば一緒に温泉に浸かり、おしゃべりに華が咲く。
そんな時、生徒会長の角谷杏から「急用」で学園艦に呼び戻される。いぶかしがる大洗女子のメンバーたち。果たして「急用」とは…?

漫画

ガールズ&パンツァー
優花里による視点で描いたコミカライズ。作画は才谷屋龍一。コミックフラッパー(メディアファクトリー)にて2012年7月号から2014年4月号まで連載された。
ガールズ&パンツァー リトルアーミー
月刊コミックアライブ(メディアファクトリー)にて2012年8月号から2013年3月号まで連載された。その続編が同誌にて2015年6月号より連載中。作画は槌居。
ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!
月刊コミックアライブで2013年7月号より連載中。作画は弐尉マルコ。
ガールズ&パンツァー リボンの武者
本編後の物語を描いたスピンオフ。作画は野上武志×鈴木貴昭。コミックフラッパーにて2014年5月号から連載中。
ガールズ&パンツァー 激闘!マジノ戦ですっ!!
マジノ女学院を中心に描いたスピンオフ。作画は才谷屋龍一。ComicWalkerにて2014年11月号から2015年8月号まで連載された。全2巻。

小説

沙織による視点から描いた小説版がMF文庫J(メディアファクトリー)で刊行された。全3巻。作者はひびき遊。

リスト::アニメ作品//2012年 | リスト::アニメ作品//タイトル/か行

ネットの話題: ガールズ&パンツァー

人気

新着

新着ブログ: ガールズ&パンツァー